記事の詳細


円満退職は誰もが望んでいることです。

ところが、色々なトラブルを退職の体験談で耳にすることが多いです。中でも、会社側から強く引き留められた、というトラブルが大半です。

退職後の生活に対しての不安や心配があるので、退職を決意するまで色々な悩みや迷いが出てきます。色々と悩んだ上で退職を決断したのであれば、そこには強い気持ちがあります。

なのに、上司にその気持ちを話しても退職を簡単に受け入れてくれない事があります。決断した退職の話しが前進しないと仕事にも影響が出てしまうくらい精神的なプレッシャーになってしまいます。

他にも、周囲の人の態度が退職する事が分かったら冷たくなった、という体験談も多いです。

退職までの間、同僚からイジメられているような気分になる人もいますし、同僚から「どうせ辞めるから関係ない人」と冷たい言葉を吐かれる人もいます。

中には、まだ退職していないのにロッカーから名前を消された、というようなヒドい仕打ちを受けている人もいます。

さらに、自分にだけ仕事の情報を教えてくれない、という事態がイジメの様な体験談の中では多いです。チームを組んで仕事を分担作業するプログラマーの様な仕事では、自分だけが仲間はずれにされて孤立してる様に感じます。

同僚の男性から、女性は楽でいいね、などの嫌味を言われた体験談が女性には多いです。結婚や出産が理由で退職する場合がほとんどです。

また人に何かを教えるのには時間やエネルギーを費やします。そのため、この人は辞めるんだから教えても時間や体力の無駄、と会社に残る人は思う傾向があります。会社に残る人によっては企業秘密というものがあるので、辞めてしまう人にあまり企業秘密に当たる事を開示したくない、という思いもあります。

細かい事でも手を抜くのではなく、最後まで誠心誠意頑張ります、というような誠実な態度を心がける事が退職側のマナーでもあります。

退職で本当にあった体験談

退職に関する体験談を色んな人々から集めていると、転職に関連した退職の情報が特に多いのです。
近年では、転職者が増えています。

理由としては、経済不安や不景気から会社の経営状況から将来に不安を覚え、ひとつの会社に退職まで勤めると終身雇用制度いうシステムが崩壊してきたことです。

それ以外にも、キャリアアップを目的とした転職や働いているうちに自分のやりたいことが見えてきた、という理由もあります。

公務員などの安定した職業への転職が多いです。現在では、転職サイトが増えてインターネットで転職活動をすることが主流となっています。

転職サイトには円満退職の方法や質問にメールを通じてアドバイスをしてくれるサイトもあり、登録は無料でできます。転職サイトを利用して退職した経験を持っている人がたくさんいます。

転職サイトに自分の職歴や名前を公表せず企業側から声がかかるのを待つので、自分から転職活動に翻弄しない転職活動を行いました。

この転職活動の長所は、プロフィールから登録者が他の会社に在籍しているのかしえいないのかが分かるので、お互いに面接時間の調整がしやすく都合が合わせやすいことです。

最近の情報で多くなったのが、早期退職として会社側が人員削減を目的として募集する方法です。工場系の職種で早期退職社の募集傾向が多く、本来の退職よりも退職金がアップされる条件がほとんどです。

早期退職に申込みが殺到することもあります。なぜなら、勤務年数に関係なくある程度のまとまった金額を提示する企業が多いからです。

早期退職でまとまった金額を受け取る事ができたとしても、次の仕事が見つからなければ後々、辛くなります。

給与として毎月保証された金額がもらうか、数百万円の退職金を今スグもらうか、という2つの選択から選ぶ事になった時、どちらが得策でしょうか。
会社側が早期退職を募っている場合、応募する際にはしっかりと考える事が必要です。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る