記事の詳細


退職の挨拶を自分からするにはいつのタイミングがよい

退職願が受理された場合、もしくは退職届を提出した時に正式に退職することが決定します。他の社員に退職の伝達を行なうのは、通常、会社側が退職を受理してから時期を見計らって業務連絡として朝礼のときです。

退職の挨拶を自分からするにはいつがいいのか、ということで困惑する人も実際にいます。退職日にも挨拶をするのは常識ですが、一般的には

会社から退職の報告がされて社内の人間が知った時に正式におこなうことが通常です。

退職挨拶の内容は簡単でかまわないので、関係部署やお世話になった方々に最初に挨拶をします。一般的な内容としては、「色々とお世話になりましたが、このたび退職をすることになりました。最後の日に改めてご挨拶に伺わせていただきます。」などと云った感じです。

退職理由に付いては述べる必要はありませんが、どうしても聞かれて述べなければならない場合は「一身上の都合」で、ということでも問題はありません。
そして最後の出社日にもう一度簡単に挨拶をしましょう。

中でも上司に対しては最終日に改めてキチンと挨拶をするのが常識です。また正式に退職が決まったら、出来るだけ早く取引先や顧客に挨拶状を出したり、あいさつ回りを行うようにしましょう。

この挨拶状は、引き継ぎなどの報告で直接伺った場合は出す必要はありませんが、挨拶に行かなかった所には会社の規模に関係なく出す様に心がけましょう。新しい職が決まっている場合、話しなどで出たら教えても構いませんが無理に書いたり教えたりする必要はありません。

但し、長い人生では築いてきた信頼が物を言うことがあります。前職の同僚や後輩、上司を含めて取引先の人間関係を良好に保つことは、例え、辞めるにせよとても大切なポイントです。

退職日に病院や勤めていた医療機関に返却する必要があるものリスト

会社に返却しなくてはいけないものが退職をする際には幾つかあります。そのため退職後にあとから会社から電話連絡で戻してほしいと言われる前に準備し戻しておきましょう
社会人として会社から言われるのを待つのではなく、自分から進んで返却しましょう。

会社から支給されたものは一般的にすべて返却するものと考えてください。
会社の社員である身分を証明するような【社員証】や【身分証明書】、【社員バッジ】、【制服】、【名刺】などが一般的です。

        
  1. 社員証
  2. 身分証明書
  3. 社員バッジ
  4. 制服
  5. 名刺
  6. 定期券や交通費

忘れがちになってしまうのが、会社から支給されたネクタイピンなどの小物です。こちらも必ず返却してください。

他人が使うことができないような自分の名前が入っている名刺も返却対象となるものです。
会社の許可を得てオッケーが出た物であれば記念にもらっても大丈夫です。
また【電車やバスの定期券などの有効期限が残っているもの】でも、必ず返却をします。

尚、看護師など【制服】がある会社は、会社毎に返却方法が違ってきます。会社でクリーニングをする場合は退職日にそのまま返却をしても問題ありませんが、
クリーニングを会社で行なわない場合は退職後にクリーニングに出して、なるべく早いうちに会社に返却をします。

改めて退職した会社に返却しなければならないことが面倒に感じるとは思いますが、キチンと最後まで社会人としてやるべきことはしましょう。”

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る