記事の詳細


転職は会社を辞めてから活動するのが良い・・・そんなことを言う人もいますが、現実には会社を退職する前に転職先が決まる事もあります。いえ、決めてから辞めないと大変なことになりす・・・円満退職を希望する人がほとんどだと思いますが、どうすればよいのでしょうか。

民法で、退職意思表示は2週間前までに行なう、と普通の会社員は定められています。ところが大半の社内規定では、1ヶ月前まで、と設けていることがほとんどです。一般の流れとしては、自分の口から直接上司に退職の意志を伝えて、退職日は仕事に差し障りがない時期を相談して決めます。

退職願を提出するのは、それからです。退職願が受理されたら業務の引き継ぎを行ないます。

もしも

有給休暇が残っているなら、引き継ぎなどが終わってから消化するようにしましょう。あまり区別されていないことが多い、退職願と退職届ですが本来は違う物です。申込みをするための申し出が、退職願です。

会社が承諾するまで撤回することが可能で、退職になるのは承諾されてからです。撤回する事が不可能で最終的な意思表示を意味しているのが、退職届です。受理された時点で退職になります。

会社を円満に退職する事を望むのであれば、提出するのは退職願です。

しかし重役クラスの役職になってくると提出するのは辞表になります。退職願の書き方は本やネットでも調べる事ができます。本文は、表題より1行空けて記入します。本文の書き出しとなる「私事」を最下部に記入することを忘れないでください。

退職理由は、一身上の都合によりと記入して本当の理由を記入する必要はありません。退職日は、上司と相談して決めましょう。提出日は、退職願の提出する日です。あて名には、社長の名前を書きます。署名は、部署名と名前、その下に押印を押します。

注意しなければならないのが、自分の名前の位置は社長の名前より下に来るように記入することです。封筒は白地の封筒を用いて表面中央に「退職願」と書き、裏面に所属部署と氏名を記入します。
挨拶回りなどの身辺整理は退職日当日に行ないます。

退職日に会社から雇用保険被保険者証と離職票、年金手帳、源泉徴収証を受け取りますが、会社によっては後日に郵送で送ってくることも多いです。

会社に返却しなければいけないものは、健康保険証、社員証や社員バッジなどの会社の社員を証明する身分証、定期券、社費で購入したもの、機密事項に関わるもの、ロッカーの鍵などがあります。円満退職するには、やるべきことをしっかり行ってからしましょう。それが、将来のあなたのためです。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る