記事の詳細


転職を考えた人の中には魅力ある年収のキャッチコピーに惹かれたとい人もいます。

年収が転職で増える人もいますが、年収が増える事を期待していたのに減ってしまったという人も少なくありません。
どうして転職をしたのに年収が減ってしまったのでしょうか。
年収が減ってしまう大きな理由としてひとつは、異業界からの転職だったばかりに未経験という扱いになれたことがあります。

ところが、環境が一変してしまうと同じ業界からの転職でも仕事効率が下がってしまうからです。
年収が上がるという話しは、仕事の効率が下がっている状態ではあり得ないことです。
マイナスの要素は年収以外にも転職には隠れ潜んでいます。

企業が不信感を感じてしまう人は短期間で転職を繰り返している人です。
人材紹介会社に求人を依頼する企業の中には、転職経験は○回まで、と制限をつけてくるところもあります。
転職が必ずしも良い結果が待っているということはありません。
現在の会社や職場に不満がある、給与が少ないから転職をする、という考えは20~30歳位では安易すぎる考えです。
26歳~30歳前後で年収が増える転職のケースを紹介します。

例えば、同じ業界にいたけど前の会社の待遇が明らかに平均以下であった場合、業績が上昇し続けている会社に経営状況が悪い会社から転職してきた場合、個人の能力を尊重する会社へ年功序列型の会社から転職してきた場合、正当な評価を以前の会社ではしていなかった場合、必要としていた人材が転職先の会社に来た場合、キチンと手当がつく会社に手当がつかない会社から転職してきた場合、などです。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る