記事の詳細


優秀な選手を数多く確保するために莫大な金額を読売巨人軍は投資してきた過去があります。

どこの企業でも大勢の優秀な人材が揃っていても、100%ということはありません。
どこに行っても必要とされるのは、会社側が魅力を感じる人材です。
会社が必要としている魅力のある人材とは、どんな人でしょうか。

必ず転職活動には面接や試験が存在します。
ほとんどの企業では書類選考をその前に行ないます。

年代によって、書類選考の重要視されるポイントが違ってきます。
仕事面での実績に乏しい20代前半では、学歴や勤め先に重点を置きます。
面接で人材を判断しようという考えです。

それなりの実績がある20代後半で重視されるのが職歴です。
学歴よりも職歴や過去の実績で面接を行なうか否かと判断されるのが30代以上です。

ヘッドハンティングや人脈などの転職は35歳以上になります。
知っておかなければならないのが、転職の限界は35歳ということです。
2つのパターンに35歳以上の転職は別れます。

ひとつが、転職活動を積極的に行なわないと転職先がない人です。
もうひとつが、転職を意識していないのにヘッドハンティングされる人です。
とは言っても、ごく一部にしかヘッドハンティングはかかりません。

このことから、定着した考えが「35歳転職限界説」です。
しかし近年では、年齢制限について求人票に記載することがダメになったので、詳細は不明です。

20代の求人票が圧倒的に多く、30代の求人数と比較すると10倍以上の差があることが、入手できる転職の関連情報で知ることができました。

30代以上の場合、キャリアや業績がある人材が同職種で、管理能力をどこでも発揮することができる人材が異職種で求められています。

企業側の考えとしては、書類審査をパスし面接を受ける所まできたら、その人の人間性を見極めて判断しようとすることが多いです。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る