記事の詳細


どうしても緊張してしまうのが面接です。
看護師などの専門職であっても面接における失敗は許されません。

そこで確実に自己アピールを面接で成功させる方法を教えます。
まずは、自分の適性がこの病院に相応しいということをアピールするためにも、
事前に病院のホームページなどで特徴を調べておきます。

次に、どんな環境でも柔軟に対応出来る柔軟性があることをアピールします。
病院は人命を扱っているので、いつどこで状態が変化するか分かりませんから、
残業やタイプの違う仕事に対しても前向きに健闘してくれる人材を病院側は求めています。
それと関係あるのが積極性です。

病院が重点を置いているのは仕事に対しての積極性と言っても過言ではありません。
自ら進んで色々なコトをやってくれる、前向きの気持ちで頑張ってくれると、
その人の空気が周囲にも影響を与えるので、病院自体が活発化します。

そのため面接では、前向きに頑張った点だけを話すのがコツになってきます。
そして次は経験です。

看護師が転職する際の最大の売り文句は経験内容です。
経験が豊富な看護師を病院は常に求めています。

面接を受けた病院に関連する事があれば、
過去に携わった仕事内容をアピールするのも大切です。

特に管理職への応募なら、管理職研修やセミナーに
参加していたことを提示しないのは勿体ないです。
それから、協調性です。
協調性は病院内で勤務するのなら絶対的な必須条件です。
病院は個人プレーでなくチームプレーとして動く事が多いです。

特に病院の患者さんへの対応や手術などはチームワークが求められます。
面接では他の看護師と協力して出した成果のことを話しておきましょう。

そして最後に働くことへの意欲です。
病院側が求めているのは、信頼が厚くやる気があり、丁寧な仕事をする人材です。
意欲が高い人は生産性が高いと言われています。
自分のやる気や根気、意欲をしっかりと伝えましょう。
面接で重要なのは、自分のことを積極的にアピールする姿勢です。

他に気をつけなければならないのが、態度や言葉使いです。
しっかりと自分を売り込んで、この人材ならと思われる様な看護師になりましょう。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る