記事の詳細


転職先が見つからない、自分が考えていた期間を過ぎても新しい転職先がない、ということが勤めていた会社を辞めて転職活動をしている人の中には大勢います。

金銭的や精神的にも失業給付金の受給期間が終わるまでには転職すると思う人がほとんどですが、現実では受給期間が終わって収入がない状態で少ない貯金で何とか生活しながら精神的負担を抱え込んだまま転職活動をしている人も少なくありません。

転職先が決まらないのに、理由がそれぞれあります。

ほとんどが、自分が希望している職種の求人情報がない、面接止まりで採用されない、希望の待遇でない、面接時に募集の内容が違う事に気付いた、などです。

以前の会社よりも高い給与や良い待遇を求めて転職している人が多いので、やりがいや給与、休日日数などの待遇面が、以前よりダウンすることを望んではいません。

応募先の会社に悪いイメージを与えてしまいがちになるのが、失業期間が長期になっても自分の希望を追い求めている場合です。

現代社会の転職は、会社側が募集する人材は即戦力となり会社にとってプラスになる人材であって、それを目的に積極的に中途採用を募る会社も増えています。

つまり未経験や大器晩成型の人材を求めて中途採用を募る会社はほとんどありません。
採用の会社側から見ると、長い失業期間の人は現場から離れている期間も長いので感覚を取り戻すのに時間がかかるから即戦力とは判断しません。

しかし失業中の過ごし方によっては失業期間が長くてもマイナスにとられることがありません。
資格を取得するためにスクールに通ったりセミナー研修に参加したりして積極的に勉強していた実績があれば、イメージが違ってきます。

絶対にしてはいけないのが、面接時に何社か受けたけど全て不採用だった、と話すことです。
イメージ的に落ちるだけの理由がある、と思われてしまい、他社でも採用しない人材をわざわざリスクを抱えてまで採用しようという気にはなりません。

転職活動を有利に進めるためには、失業期間が長かった理由を面接で聞かれても良いイメージを持たれる様な回答をあらかじめ用意しておく必要があります。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る