記事の詳細


最終面接まで残る事ができた場合は他社への応募はしない方がよいのか、採用が決まったわけではないから応募してもいいのでは、と転職者の大半が考えることです。

転職者の全員が第一志望の会社に行きたいと思います。

しかし、結果が出るまでの期間は会社によって差があるということが転職活動をしていると分かる様になってきます。
他の応募している会社に返事をしないといけないのに第一志望の会社から結果が来ていないというケースもよくあります。
このようなことで困った経験をした人はたくさんいます。

最終面接まで第一志望の会社が進んだ場合は、他の会社に応募することはとりあえず止めておきましょう。

弱気になってしまい1社を選ぶ事に抵抗を感じてしまいますが、絶対に自分は受かってみせるという気持ちで面接に応じましょう。

仮に第一志望以外の会社で最終面接に進んだ場合、他社にもトライをしてみたいという気持ちがあるならチャレンジしてみることをオススメします。
内定通知が届いた場合、返事を保留できる期間は最長でも1週間程度しかありません。
後に後悔しないためにも、自分の中で転職先の順位を明確化させておけば、どの会社を優先したいのかがハッキリします。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る