記事の詳細


退職後の問題として健康保険があります。
任意継続被保険者制度という言葉を初めて知る人が多いのではないでしょうか。
共働き家庭の場合、退職後に相手方の保険に扶養で入る事は可能ですが、そうでない場合は、国民保健康険か任意継続保険のどちらかに加入しなければなりません。

退職するまでの間に継続して2ヶ月以上、被保険者だった期間があれば退職後2年間なら今まで加入していた健康保険を継続することができる制度が任意継続被保険者制度です。

退職日の翌日から20日以内に健康保険組合もしくは社会保険事務所に申請をすれば任意継続被保険者制度を利用する事ができます。
加入していた保険によって申請先が違ってきます。

自宅住所所轄の社会保険事務所で手続きが必要なのは、政府管掌健康保険に加入していた場合です。
健康保険組合に手続きが必要なのは、健康保険組合に加入していた場合です。
注意しなければならないのが、申請期間が退職後20日以内となっています。
それを過ぎてしまうと継続できなくなります。

任意継続被保険者制度を利用する場合、保険料は全額自己負担になります。
勤務していた時は、会社が保険料の3分の2を負担していました。
そのため任意継続被保険者制度の保険は働いていた時の約3倍の金額を自分で払うことになります。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る