記事の詳細


労働者を保護するために色々な制約が労働基準法にはあります。
そのため労働者を会社側が解雇するのは、難しいです。

普通解雇、懲戒解雇、整理解雇の3つの種類が解雇にはあります。
無断遅刻や無断欠勤が多いなどの勤務態度に明らかな問題がある、怪我や病気で回復が長期間無理など労働能力や労働適格性の欠如による解雇は普通解雇になります。
飲酒運転による事故や犯罪などで企業秩序を著しく乱した者に対する制裁罰としての解雇処分が懲戒解雇になります。
この場合、退職金を受け取る事は難しいです。
一般的にリストラと呼ばれているのが整理解雇です。

整理解雇は会社の経営が危なくなり人員整理が必要になった時に行なわれますが、条件を4つ満たしている必要があります。
本当に解雇をしなくてはいけないのかという人員削減の必要性、役員の報酬や給料をカットしたり新規採用を中止して解雇を回避するための努力をした解雇回避の努力、解雇する人間を一方的な人選でなく合理的な基準で行なっているかの人選の合理、十分な話し合いを解雇する人間と行なっているかの労働者との協議説明、の4つの条件です。

解雇を行なう場合、労働者に対して30日前までに解雇予告をする必要があります。
予告なしで解雇してしまう時は、30日以上分に該当する賃金を解雇予告手当として支払わなければなりません。
中には、会社から解雇されないにしても左遷のような転勤、不可能な仕事量などを押し付けて、無言の圧力で労働者を苦しめることをする会社も実際にたくさんあります。

なぜなら、失業保険の金額や受給期間が自己都合退職と会社都合退職では違ってくるからです。
会社都合退職という理由は会社にとってはマイナスのことになります。
そのため会社都合で辞めさせられたのにも関わらず、退職願を提出させて自己都合退職にするような悪質な会社も少なくありません。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る