記事の詳細


今の会社で一生働こう、転職に興味がない、という人は失業保険に興味がない人がほとんどです。
2008年~2009年に100年に一度の大不況が訪れて、予想していなかった勤め先の倒産やリストラで失業保険を利用することになった人は大勢います。
失業保険は失業しないと利用することがないので、内容を知らない、知っている人が周りにいないのは普通のことなので、自分で手続きなどを調べなければなりません。

雇用保険が失業保険になります。
雇用保険に加入していれば、給与明細を見れば雇用保険料が天引きされています。
ところが失業保険は雇用保険に加入していれば必ずもらえるというわけではありません。
必要な条件を3つクリアしていないと失業保険を受給することはできません。

まずは、雇用保険の被保険者であることです。
つぎに、雇用保険に退職日から見て過去2年間の間に通算で12ヶ月以上雇用保険に加入していることです。
退職日から見て過去1年間の間に通算で6ヶ月以上の雇用保険に加入していれば特定受給者資格者は受給することが可能です。

しかし法律が2009年3月31日に改正されました。
改正後は、期間の定めがある派遣労働者などの雇用契約において、期間満了の時に契約更新がされなかったりするような雇い止めなどの退職に関しては退職日より前の1年間に通算6ヶ月以上雇用保険加入期間があれば特定受給者でなくても失業保険が受給できるようになりました。

最後に、働く意志があって今スグにでも働ける環境にあることです。
病気などで働く事が困難な場合は失格になります。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る