記事の詳細


失業給付金をもらうための保険が雇用保険です。
退職をした時に在職中に雇用保険に加入していれば、失業給付金がもらえます。
働く意志があるけど何らかの事情で退職して次の仕事を探している人のみが給付金をもらうことができます。

雇用保険被保険者証と離職票の2つが失業給付金の手続きの時に必要になります。
雇用保険被保険者は会社で管理している事が多いですが、入社した時に渡されて自己管理の場合もあります。
紛失してしまっても再交付は可能です。
離職票は退職後10日以内に会社から送られてきます。

ハローワークは自宅の住所の管轄の所で、求職の申込みをします。
申込みをしたら約7日後に指定の日時に開かれる雇用保険受給者説明会に必ず出席をします。
出席は給付金をもらうための必須条件です。

第1回目の失業認定日は求職の申込みを行なった日から数えて約4週間後に来ます。
指定した金融機関の口座に基本手当が振り込まれるのは、失業認定を受けた日から約7日後です。
それから4週間毎に失業認定を受けなければなりません。
面接などでどうしても失業認定日に外せない用事がある場合は事前にハローワークに相談をしましょう。

会社都合での退職の場合は、このように失業給付金が支給されるまでスムーズな流れになりますが、自己都合の場合は少し違ってきます。
いちばんの違いは3ヶ月間の給付制限と呼ばれる待機期間があることです。
そのため3ヶ月後に第2回目の失業認定日が来ます。
つまり3ヶ月間は給付金が出ません。

3ヶ月後の第2回目の失業認定を受けたら4週間毎に失業認定が必要になってきます。
失業給付金は定められた期間だけ給付されるものなので、給付期間が終わってしまうと就職先が決定していなくても出ません。

リストラや会社の倒産で失業してしまった場合、男性は失業保険の手続きをすることに抵抗を感じてしまう人がほとんどです。
中には妻や家族にも失業した事を話せない男性もいます。

しかし、失業保険は在職中に毎月キッチリと払ってきているので、家族などに隠すために手続きをしない人も多いのですが、1日も早く就職先を見つめるためには手続きをしましょう。
失業給付金がもらえると分かる事で、家族だけでなく本人も安心して就職活動ができるからです。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る