記事の詳細


何らかの理由で失業した人が国からもらえるお金が失業給金です。
条件としては雇用保険に加入していた事です。

失業給付金は退職金とは異なるものです。
失業したけど働く意志があり健康状態にも問題なくいつでも働く事ができる人のみ失業給付金が支払われます。
退職すれば必ずもらえるというわけではありません。

就職をする意志がない人や健康上の理由で働けない、介護や妊娠出産などで働く事が不可能、退職時に次の就職先が決定している人には給付されません。

ハローワークに行って自分で失業給付金の申請を行ないます。
申請すればスグに支払われるというわけではないので注意しなければなりません。

退職理由が自己都合か会社都合かによって給付金額も違ってきます。
会社都合とは倒産やリストラされたことで、自己都合とは個人の理由で退職をした場合です。

会社都合であれば支給開始日も早いのですが、自己都合の場合は数ヶ月の待機期間があってから支給開始となります。

雇用状態も正社員か契約社員かで違いがあり、給付金が支給される日数も違います。

大抵の会社は会社都合での退職を嫌うので、何とかして自己都合で退職してもらおうとする傾向があります。
自分が辞めたいと思わないのであれば、自己都合での退職は避けるべきです。

失業給付金の金額も数十万~百万円単位で給付される金額も違い、支給されるまでの期間も違ってくるので生活に与える影響が大きいです。

会社都合での退職の場合は、正式な書類を必ず会社に書いてもらいます。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る