記事の詳細


職場の人間関係が理由で転職したいと考えている人は多くいます。

転職理由の上位に必ず「職場の人間関係」が出てきます。

このように人間関係を理由に転職したいと思っている人は、急いで転職を決めて1日でも早く今の仕事を辞めようとします。

そのような手順で進めると、応募先の会社の情報を鵜呑みにして人の話しや条件などをキチンと聞かずに入社してしまい、後になってから自分の理想からかけ離れている事に気付きます。

そうなってしまうと転職をひたすら繰り返して、「今よりも良い会社を」「次は大丈夫」と思う様になってしまい、ひとつの職場で長続きすることができなくなります・・・。
いわゆる負の連鎖が起こりやすいのが「職場の人間関係」を理由とした転職です。転職先を決める時は、しっかりと見極めてから焦らずに決めましょう。

転職先に望む事は人にとって重要なポイントは、会社ごとに仕事内容だったり給与だったり、職場環境、休日日数、勤務スタイル、生活や育児との両立、など異なっていることです。

そのため転職先を決める際に重要なのは、転職先で自分が何をしたいのか、自分はどうして転職をしたいのか、今の職場ではダメなことなのか、など自分が何を意識しているのかを具体的に考え優先順位をつけることです。

 

面接でしっかり条件確認

しかし、一方で、転職活動がトントン拍子で進んで、入社して転職活動から解放されたと思ったのに、条件の不一致という新たなトラブルが起きる場合があります・・・。

このトラブルの大半は金銭面に関することです。
原因としては、しっかりと条件についての確認を入社前にしなかったことです。

仮に条件の内容が同じなように見えたとしても、把握してから入社するのと入社後に条件を知らされるのでは、気持ちのモチベーションが違ってきます。この気持ちのモチベーションは、直接的に仕事にも現れてしまい、長く続かなかった・・・または数か月後に後悔し、また転職活動を始めたなど、よい循環にならなくなりやすいのです。。

入社前に話しをするのが難しいけど、キチンと納得しておかないと後々にトラブルに発展するのが金銭面の条件という訳です。
転職活動を後悔しないためにも金銭面の条件についての話し合いは重要です。

例えば、残業代が一定数含まれている給与なのか?
それとも、残業代は含まず、基本的な労働を条件とした給与なのか?
この違いだけでも、年間数百万円もかわってしまうことは良くあることなので特に注意が必要です。

確認すべき事は、基本給やボーナス、有給休暇などの待遇や各種保険についてです。
職場によっては各種保険の適用が、入社してから何ヶ月後という所も実際にあります。

必ずしも入社したらスグに各種保険が適用されるというわけではありません。
入社後に転職した事を失敗と思わない様にするためにも、自分が納得できるまで面接時にキチンと確認をする事をオススメします。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る