記事の詳細


看護師などの専門職は、一般的には仕事内容で大きな変化はありません。ところが、今までに経験がないような仕事を依頼されてしまう事が組織化されていない新設の病院や人手が足りてない科ではあります・・・。

転職後の仕事内容

転職で後々になって後悔してしまうのが、どんな内容の仕事を転職先で実際にするのかをキチンと確認していない場合です。

現実の仕事内容が「自分が思い描いていた仕事内容と大きく違っていたために我慢ができなくなってしまう」ということが看護師の転職活動後のトラブルで多いのです。
具体的な業務内容や部署はどこになるのか、誰が上司になるのか、など詳細についても最終面接などで確認することが大事です。

看護師の転職で失敗してしまうのが、確認が不十分だったために実際の業務内容に不満を感じてしまうことです。採用側の病院側と転職者側の考えが噛み合ずに採用されてしまうケースが稀にあります。

その原因としては、早く看護師を病院側が採用したい為に十分なヒアリングを転職者側に行なっていないことです。転職で慎重になった方が良い病院は、具体的な仕事内容について勤務後に説明するという場合です。

「では、詳細については後日、人事担当の方から連絡しますので」と最終面接でも確認しないと、詳しい内容は採用後に聞くといった流れになってしまいがちです。

それは、医療法人でありながら人事担当者がいるのに仕事の内容をキチンと説明できないのに部署、科ごとに求人を出している病院です。

失敗したと後々に後悔しないためにも、自分の考えや印象で勝手に思い込むのではなく、納得できるまで情報を集めて把握した上で転職を決めましょう。

後見人の価値観と相性

採用に対する決定権や責任を持つのが人材を必要としている部署の上司が、中途採用の場合ではほとんどです。採用後に、その上司が直属の上司のようなものとなり転職者は色んなカタチでお世話になる機会が増えます。

ところが転職で失敗したと思うのは、自分を指導してくれる上司が存在しない、たらい回しのごとく頻繁に上司が変わってしまい指導の仕方や考え方が異なり困惑している。

もしくは「その上司と仕事の進め方や根本的な所で噛み合ない」、「気すら合わない」、「人間性を知る前に上司が変わってしまう」というような事が起きてしまった場合です。

どうしても周りから注目を浴びてしまうのが転職者で、人によっては技量も分からないのに「コイツはできる」と周りから勝手に思われてしまいプレッシャーに耐えかねることもあります。

そんな状態になった時に胸の内をさらけ出すことができるような信頼できる上司がいなければ不安やストレスが溜まってしまう一方です。

もし仮に、そんな上司がいたとしても性格が合わない、酔った状態でしか聞いてくれないのに酒癖が悪いとなれば、転職したとしても職場や仕事を好きになるのは難しくなります。

中途採用になる転職者の場合、面接時の面接担当者の様子や態度、価値観などを出来る限り把握し、この上司となら一緒にできそうかどうか、年収などの条件だけではなく確認しておきたいところです。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る