記事の詳細


人は何か自分にできることはあるのだろうか、と考えても分からない事もあります。
採用側の思惑について認識がないと、
これだったら自分でもできると思える様な
職種や求人情報があっても上手くいかないことが多いです。

転職に関する情報は、現在ではインターネットの普及により入手が簡単になっています。
しかし求人情報の多くは転職サイトに掲載されていません。
掲載されているのは一部の優良求人情報だけです。

そのため・・・

自分に向いている事や適切な職種を
人材派遣会社のコンサルタントと面接して、判断してもらうと良いでしょう。

近年の転職状況についても採用側が求人の重点を
ドコに置いているのか理解しておくことが大事です。

現場の情報を得るのに面接は最適な手段でもあり、
面接に慣れることで質問内容の予想ができるようになるので
実際に面接を受ける事は転職活動でも有意義なものです。

試しに魅力を感じる会社の面接を受けてみるのも、ひとつの方法です。
急いで決める必要はないので、面接を受けてみて
イマイチだと思えば他の選択肢を考えてみて、
逆に惹かれるものがあれば積極的に考えて行動してみましょう。

山一証券に勤めていた人のケースを紹介します。
知り合いなどに転職に関する相談を始めたのは、
山一証券が倒産する直前でした。

結局、会社が倒産する頃までに準備は整いませんでした。
しかし、転職先が運良く見つかりましたが、
思い返して見ると一歩間違えれば大変な状態になっていたと言います。

このような例は一般企業だけではありません。

最近では公立の病院でも同じです。
看護師不足や医師不足から廃止されることも増えてきました。

通常の一般病院なら尚更です。

チャンスに恵まれている人は、事前にしっかりと準備をしています。
倒産やリストラも、準備を怠っていなければ
新しい自分の可能性を見つける事ができるきっかけになることもあります。

将来、自分があの時に準備しておいて良かったと思える様な行動や
選択を日頃から心がけておく必要があります。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る