記事の詳細


一般企業で35歳以上の転職は難しいと言われますが、看護師の場合はどうでしょうか?

世間的に20代後半までが転職に成功しやすく、
それ以上になると難しくなる傾向があります。

しかし看護師は専門職なので年齢が上だと経験豊富なので、
求人情報で多いのが経験豊かな看護師です。

ですが・・・

かと言って書類選考や面接に受かる確率は30代後半になると、
やはり急激にダウンしてしまいます。

30歳くらいまでであれば平の看護師でも採用は充分ですが、
35歳以降になると年収や職場での人間関係のバランスで平の看護師として採用が厳しくなります。

採用側としては、現場の看護師同士の関係がギクシャクしても嫌なので、
仮に本人が新人と同じ扱いを望んだとしても採用される可能性は低いためです。

求人募集をかけても20代~30代前半の募集がなければ
35歳以上の一般応募で採用される事はあります。

ベテランの正看が退職した場合、その人材の穴を埋めるために
同程度もしくはそれ以上の能力がある、
今の院内に足りない何かを持っている人材を求めているなど、
欲しい人材のイメージがハッキリしている場合であれば、35歳以上でも採用されます。

求人情報で35歳以上でも歓迎と書いてある場合、
重要なのは病院から求めている人材です。

正しい35歳以上の看護師の転職方法は、
看護師転職サイトでもベテランに強い所を利用することです。

そのため1社だけにしか登録しないと
自分に合う紹介先が見つかる可能性が低いので、最低でも5社以上に登録をします。

ポイントなのは、自分自身に売りになるキャリアや資格を持っている事です。

ポストが空いていなくてもこんな経歴があるなら是非ともうちに来て欲しい、
と思われる様に登録をする必要があります。

取引先や知人にヘッドハンティングを依頼する場合は、
今までの経歴の他にその人の人物性が問われます。

ステップアップを目的とした転職を考えているなら20代の頃から、
将来の事を見据えてキャリアを積んで行く必要があります。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る