記事の詳細


精神や身体の不調がストレスが原因で起こる事を、適応障害と言います。症状としては不眠や食欲不振、不安感、抑うつ気分などがありますが、うつ病とは異なります。このような症状が転職してから3ヶ月以内に起きたら、考えられる要因は転職先の環境や人間関係です。また慣れているはずの長年勤務している勤め先でも起きるケースがあります。

状況によっては、症状がヒドい場合には薬の処方だけでなく自宅療養も必要になってきます。看護師は患者さんの人間関係だけではなく、上司にあたる医師や同僚の人間界からストレスを抱えるケースが多い職場です。

原因のストレスがなくなれば適応障害は自然と回復していきます。薬の量や強さに関係なく、ストレスの原因である職場を退職することを決めた瞬間に体調が急速に回復していくこともあります。

転職が手軽にできる環境であれば、このような思いをすることがなかったかもしれません。海外と比べても日本は簡単に転職をすることが難しい環境です。その企業で働いていくしかないからストレスを感じながらも無理をしてしまう人がほとんどです。

ですが、

そのような中でも看護師は比較的、転職をしやすい職種です。看護師資格という専門免許の他、今日現在、看護師不足から病院側の需要が高いのです。

自殺者の多くはうつ病ですが、中には適応障害で自殺をしてしまう人もいます。アメリカは日本よりも自殺率がとても低い数字になっています。日本とアメリカの違いは何でしょうか。
労働の流動性がアメリカでは高いため、日本と転職の意味が異なっています。

若い社員のストレスの原因のひとつには、柔軟な考えができない組織の上層部の年代層に振り回されてしまうことがあります。多大な影響が職場の風潮にあるのです。

一度きりの人生を楽しむためには、肉体的にも精神的にも健康である必要があります。いくら医療に貢献するためとか、患者さんの役に立ちたいと努力していても、転職という考えが必要になってくるケースもあるはずです。

あなたを本当に必要としている病院は他にもあるかもしれません。

今すぐに転職をしなくても、人間関係のストレスが多いなら、将来のため今から転職サイトに登録しておくことをおススメします。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る