記事の詳細


人材派遣会社を通した求人情報を求人情報誌や求人サイトで多くみかけると思います。
派遣会社に登録すると職種に関係なく求人量も多いので仕事がスグに決まる気になります。
意外と知られていませんが、派遣会社からの仕事には様々な問題点があります。

まずは、給与に関しての問題点です。
大体の月額が求人票に給与として記載されており、最近では○○円以上可という表記も見かける様になりました。
実際はこの金額がもらえるわけではありません。
記載されている金額のほとんどは、多忙期の残業代まで含めた金額で過去に一度でも実際に支払った金額であって、今現在支払われている金額ではありません。

人材派遣会社の仕事は実際に働いた分だけの給与が支払われるので、毎月一定の固定額ではありません。
派遣先の会社が年末年始やGWなどの長期休暇があった場合、他の月よりも確実に支払われる給与は圧倒的に少ないです。

次に、雇用保険についての問題点です。
登録しても人材派遣会社はスグに雇用保険はかけてくれません。
スグに雇用保険をかけてくれる人材派遣会社の方が珍しいと言えます。

なぜスグにかけないのかというと、派遣会社から紹介されてきた人はある日突然辞めるからです。
そのため人材派遣会社は3ヶ月位様子を見て、雇用保険に入れます。
さらに保険や年金は会社が負担しなくてはいけないのに、保険や年金に加入すると時給を下げる人材派遣会社も存在します。
本人負担で加入しているので、人材派遣会社としては一切負担をしていません。
保険や年金に加入したいと思っている人は、このような人材派遣会社には登録しない事を強くオススメします。

最後は、雇用についての問題点です。
人材派遣会社に来ている仕事は人手を必要としている会社なので、その会社が暇になってしまうと唐突に解雇されます。
2008年に大問題になった派遣切りと呼ばれている問題です。
人材派遣会社の契約条項には必ず、派遣先の経営状況が思わしくないような場合は派遣社員は契約満了前でも契約を打ち切ることが出来る、と書いています。

つまり明日から来なくていいよ、と言われてしまうのです。
人材派遣会社で働く最大のデメリットです。
人材派遣会社を通して働くメリットは、会社からの拘束がないから自由ということです。
人材派遣会社を利用する場合には、給与、各種保険、雇用の不安定の3つを頭の中に入れて利用する様にしないと後に大変なトラブルになってしまいます。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る