記事の詳細


転職は近年では珍しくありません。
原因としては、事実上の終身雇用制度が崩壊していることや大手企業の倒産です。

在職中に次の職場先を見つけてから転職したいと転職を視野に入れて考えている人もいます。
仕事がすぐにみつからなかった場合に様々な問題を抱えてしまうリスクが退職後の転職にはあります。

メリット、デメリットは在職中の転職活動にもあります。
最大のメリットは、精神的な安心感がある状態で次の新しい仕事に移行出来るので、お金や生活の心配もなく仕事への意欲を失うことがありません。
デメリットは、時間のやりくりが難しいので今の仕事もしないとダメなので転職活動を思う様に進める事ができないことです。

特に面接の日程調整が簡単ではありません。
現在の会社が平日に休みがあれば特に問題はありませんが、希望している会社も現在の会社も土日しか休みがない場合は難しくなります。
他社の面接を受けたいので休ませてください、と現在の上司に話すわけにもいきません。
仮に面接を受けることができたとしても、勤務可能開始日を必ず面接で聞かれます。

その際、難しい質問と言っても過言ではありません。
退職願いを提出していれば退職日がハッキリしているのでその翌日の日にちを答える事ができますが、在職中で退職日が決まっていなければ最低でも1ヶ月先で明確な日にちを答える事ができません。
急募の今スグにでも人材を必要という会社だと折り合いが合わずにダメになる可能性は高いですが、急募でなく応募先の会社が1ヶ月先でも大丈夫と言ってくれると問題はありません。
在職中の職場と転職先に良いイメージを与える事ができるように気を使いながら行う必要が退職届を出さずに転職活動をする場合にはあります。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る