記事の詳細


転職をするなら、いつから転職活動をするのが一番、良いか知っていますか?

転職活動は、現在の会社を辞めて落ち着いてからしようと思う人もいるかもしれませんが
退職後に転職活動を始めると良い点もありますが、実は悪い点もあります。

1日中転職活動に時間を使うことができ、転職活動だけの事を考えて動く事ができるのが良い点です。
退職していないと面接を受ける時に応募先の会社のスケジュールに合わせることができないからです。
応募先の予定に合わせることができないと引け目を感じてしまい、応募先の会社にも真剣味が伝わらないのではないかと心配になってしまいます。
退職していれば、そのような心配が一切ありません。
応募先の会社側にも臨機対応で入社のタイミングを決められるので、採用されやすくなります。
明日からでもどうですか、と応募先から言われると退職していて良かった、と思います。

しかし、退職後の転職活動でもスグに転職先が見つかるというわけではありません。
転職先が思った様に決まらないというのが悪い点です。
転職市場が賑わっていたから安心して退職したのに、様子がいきなり変化していたということもあります。
自分の思い通りに進まないと、面接でも自分を上手くアピールできなかったりやる気がないと取られたりして、転職への意欲がダウンします。
そうならないためにも仕事をしながら転職活動をしていた方が大変ではありますが、成功しやすいようです。

しかし転職活動は自分の置かれている環境や状態、考え方によってもタイミングが千差万別なので自分自身にとってベストタイミングと思える時に転職活動を始めましょう。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る