記事の詳細


自分を含めて誰にも将来がどうなるかは分かりません。
会社も同じ事が言えます。

会社の経営状態が悪くどうなるか分からなくなった時どうしようか考えたことはありますか。
会社を変えて自分の好きな仕事をこれから先も続けて行く人もいれば、仕事があれば何でもいいからと待遇の悪い会社でやる気のない状態で仕事を続けている人もいます。
会社の経営が悪くなれば必然となるのがリストラです。

今の会社に残りたいと思っているのにリストラ候補になってしまう人、希望退職で辞めた方が自己都合よりも待遇が良く有利な条件で物事を進められるから転職はそれからにしようと思う人など、色んな考えが駆け巡ります。

しかし、突然起きる出来事に対して事前に準備をしていないと、慌ててしまうことになります。
大規模なリストラを大手企業が行なった場合、街中には似た様な経歴を持った求職者であふれ返ってしまいます。
他の求職者よりも有利にするためには、転職活動のスタートを少しでも早くすることです。
自分が一歩先を行くことで圧倒的に状況は違ってきます。

倒産した山一証券の元社員たちも有利だったのは、転職活動を人よりも早く行なっていた人でした。
通常の退職よりも退職金の増額など有利な条件を明示されるのは、会社側が倒産の道ではなく希望退職者を募る道を選んだ時です。
有利な条件が提示されても、自分がどうしたいのか何ができるのか、という目算がないと損をしてしまう結果になります。
大切なのは会社を辞めざる事態が来るのを待つのではなく、自分は今の会社を辞めたら何ができるのか、人よりもプラスになる材料を持っているのだろうか、ということを日頃から考えておくことです。
客観的に人材価値として自分を見た時にどう思いますか。
自分の長所や短所は、企業側から見た時にどう思われますか。
自分が持っているスキルや経験、コミュニケーション能力は他の会社でも活かすことができますか。

絶対に倒産しない大手企業があるとは言えない時代だからこそ、会社の経営状況や業績を見て、少しでも不安を感じた時は冷静に自分自身を見つめ直して、自分にできることを考えなくてはなりません。

あなたは今の職場に満足ですか?

あとで後悔しない!たった15分で250万円の年収アップテクニックとは?

関連記事

ページ上部へ戻る